バリテインの詳細説明!

 

「バリテイン」の詳細説明ですが、何と言っても「バリテイン」は増大サプリメントでは最多成分を誇る。成分が多ければいいのかと思う方もおられますが「多いほうが良いんです!」(〃艸〃)ムフッ

 

増大の「GHリリーザー理論」でも増大成分が多いほうが相乗効果によって効果が上がることは証明されているんです。それは消化吸収が良くなるからで、いくら良い栄養素を多く配合していても単成分では消化吸収の点では思うような効果が望めない。

 

吸収出来ての栄養なので消化吸収が良いと言う事はかなりのアドバンテージになる。

 

 

新陳代謝によって栄養は体中に行き渡るようになりますが、その手助けをしているのが酵素です。体内の酵素は3000種類以上あると言われていて、いまだにその数は増えているわけだがその酵素が栄養を色々な物質に変えて体内中に行き渡らせている。

 

栄養の種類によって違う酵素が働くので、色んな栄養を摂りこむほうが多酵素が働きやすくなり吸収が良くなると言う事。毎日の食事を考えると分かりやすいと思う、毎日同じものを食べていたら病気になるよね、それと同じで栄養は色んな種類を摂取しなければならない。

 

 

増大は「増大理論」に基づいたサプリメントで!

 

 

「バリテイン」の増大理論はNEA理論と呼ばれています。

 

最先端の技術で115種類の増大成分を高濃度のまま効率的に、「消化吸収」させる事に成功させました。

 

115種類の栄養素と発酵酵素までをプラスすると200種類以上の成分が「海綿体細胞」の活性を促進してペニスの「かさ」を増します。

 

増大サプリメントは従来から色々あったにはあったのだけどその内容は「シトルリン」が配合されていれば増大が可能というほとんど根拠のないものだった。

 

それに対して「リゼノール」などのサプリメントが「細胞組織再生理論」という新しい見地から作られるようになった!バリテインもその流れに乗って作られたものだが今現在では「最多成分」のサプリメントになっている。

 

「細胞組織再生理論」とは「成長ホルモン」と男性ホルモンの「テストステロン」の分泌を加速させて、ペニスの海綿体細胞に栄養を送り届ける事によって増大を実現させるというシンプルだが筋の通った理論だ。

 

その為には単成分の「シトルリン」一辺倒だった方法ではダメで、「成長ホルモン」と「テストステロン」の分泌を促進する成分を出来るだけ多く配合する事と、体内の抗酸化作用や新陳代謝にも考慮した成分をバランスよく配合する必要がある。

 

いま増大サプリメントと言えば、「多成分型」が当たり前になってきていているが消化吸収のよさから云って「バリテイン」が頭一つ出ている様に思う。

 

「バリテイン」の成分を確認してみよう・・

 


朝推奨、ソフトカプセル:スッポン末含有加工食品、1粒460mg
全成分:サフラワー油、ゼラチン、スッポン末、鯉胆末、豚プラセンタエキス末、水蛭末、ローヤルゼリー末、カキエキス末、しじみエキス末、サメ肝油、馬精製油、鳥滑鶏卵黄油、エンジュ抽出物、ヘマトコッカス藻抽出物、米胚芽、大豆発酵抽出物、食用ぶどう油、EPA含有精製魚油、米紛、山西老陳酢濃縮末、デキストリン、DHA含有精製魚油、コエンザイムQ10、プロポリスエキス、たんぱく加水分解物(乳由来)、グリセン、グリセリン脂肪酸エステル、ルチン抽出物、トマト色素、環状オリゴ糖、酸化防止剤(V.E)、酸化防止剤(V.C)、レシチン、(原料の一部に卵、乳、大豆、ゼラチンを含む)


昼推奨 ホワイトカプセル:L- シトルリン含有加工食品、1粒313mg
全成分:デキストリン、ゼラチン(被膜)、L‐シトルリン、L‐オルニチン塩酸塩、N‐アセチルグルコサミン、トナカイ角末、馬睾丸末、マムシ末、タツノオトシゴ粉末、馬の心臓粉末、クラチャイダム末、アカガウクルア末、マカ末、ガラナエキス末、エゾウコギエキス末、サンザシ末、雪蓮花エキス末、松樹皮エキス、ウコン末、マテエキス末、メカブ抽出物、アスパラガスラセモサ抽出物、黒胡椒抽出物、黒大豆種皮エキス末、発酵黒タマネギ末、赤ワインエキス末、カミツレエキス、ウナギエキス末、コンドロイチン蛋白複合体、ウーロン茶抽出物、澱粉、上白糖、ステアリン酸Ca、L‐リジン塩酸塩、ヘスペリジン、L−バリン、L‐ロイシン、L‐イソロイシン、L‐グルタミン、アラビアガム、ビタミンC、抽出ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンK、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に大豆、えび、かにを含む)


夜推奨 ベージュカプセル:トンカットアリエキス・野草発酵エキス含有加工食品 1粒313mg
全成分:デキストリン、ゼラチン(被膜)、冬虫夏草、高麗人参エキス末、霊芝子実体末、サソリ末、カツアバエキス末、蟻末、ムイラプアマエキス末、ワイルドヤムエキス末、スピルリナ原末、田七人参末、ボタンボウフウ末、ジャムウ・ガリアン末、亜鉛含有酵母末、銅含有酵母末、鉄含有酵母末、クロム含有酵母末、モリブデン含有酵母末、マンガン含有酵母末、トンブリ末、チンピ末、ツルドクダミ末、クマザサ末、ニンニク末、クコシ末、カンゾウ末、α‐リポ酸、山伏茸子実体末、メシマコブ子実体末、カカオエキス末、杜仲エキス末、紅参末、明日菜末、大麦若葉末、リンゴベリーエキス末、よもぎ末、さけ白子抽出物、トンカットアリエキス末、プラセンタエキス末(ウマ由来)野草発酵エキス(りんご、やまいもを含む)、ステアリン酸Ca、着色料(カラメル)、L‐アルギニン、L‐トリプトファン、D−リーボス、L‐アスパラギン酸ナトリウム、グリシン、(原材料の一部にヤマイモ、さけ、りんご、オレンジを含む)

 

 

ペニス増大サプリメントを飲んで尚チントレをする必要が有るのか?

  

 

ペニスを増大する為にペニス増大サプリメントを飲むわけだが、なおかつチントレが必要な訳を考えて見よう。

 

ペニスの増大には順序が有る、それは

 

 

1、「成長ホルモン」と「テストステロン」の分泌を促進する

 

2、ペニスを最大限勃起できる状態にする

 

3、最大限に勃起した状態でペニスに「成長ホルモン」を向かわせる

 

4、脳がまだ増大が必要だと認識をする

 

 

この様な順序があって初めて「ペニスの増大」は可能になる!

 

 

チントレが大事になるのは、有る程度サプリメントの効果が表れると「成長ホルモン」の分泌が促進される、その「成長ホルモン」をペニスに向かわせる必要が有るからだ。

 

 

確かにペニス増大サプリメントを飲めば、「成長ホルモン」の分泌が増えるのでそれだけで何もしなくても少しずつ効果は表れる、でもその分泌された「成長ホルモン」そのまま何もしなければ筋肉や体毛にほとんどが使われペニスに作用するのはたったの3%しか回ってこないんです。

 

チントレをする最大の理由はここにあり、チントレをする事でペニスに「成長ホルモン」が必要だと「脳」に認識させる必要が有る、これが出来て初めて効率よくペニス増大サプリメントで活性された「成長ホルモン」を海綿体細胞に送り届ける事が出来るわけです。

 

 

 

 

 

「バリテイン」をお薦めしたい人は!

 

  • 今の大きさに満足できず増大したい人
  •  

  • 勃起していない時のサイズもアップしたい人
  •  

  • 精力を増強して反り返りを強くしたい人
  •  

  • 元々ペニスの大きさに自信が無い人
  •  

  • 体力、精力が無い人
  •  

  • 元気、活力の低下が気になる人
  •  

  • 最近肥満気味でメタボが気になる人
  •  

  • 本当に効果のあるサプリを探している人

 

「バリテイン」がおススメ出来ない人は!

 

  • 医師からの指示でサプリメントをとめられている人
  •  

  • 返金保証があるサプリメントを探している人
  •  

  • 定期購入が出来るサプリメントを探している人

 

ペニス増大サプリメントと増大トレーニングは併用して効果が有る!

 


僕のお勧めしているペニス増大サプリは、毎日続けるだけでも増大効果は有ります。それは、男性ホルモンの「テストステロン」と「成長ホルモン」の分泌を効率よく促進してくれるからです。


ペニス増大サプリメントは男性用の増強サプリの中では最強で、その成分は男性の活力、精力、体力の増強をアップするための栄養素がバランスよく配合されていて、「テストステロン」と「成長ホルモン」の分泌に大きく貢献します。


そんな、ペニス増大サプリメントですが、ただ飲むだけで後は何もしないのでは、ペニスの増大に必要な「テストステロン」と「成長ホルモン」がペニス以外の所で普通に使われてしまいます!


ペニスの増大には「テストステロン」の分泌を強化して最大限に勃起させ、「成長ホルモン」をその最大限に勃起させたペニスに向かわせることが絶対条件です。


「テストステロン」と「成長ホルモン」を効率よくペニスの為に作用させるのには、ペニスに働きかけるように意識する事が大事なんです。その為にはトレーニングを併用する事で、ペニス増大サプリメントで分泌した「テストステロン」と「成長ホルモン」を効率よくペニスに向かわせることが出来るようになります。


本来、何も意識をしないでいると分泌したそれらの「ホルモン」はほとんど筋肉や体毛と言ったところで消耗していき、ペニスに作用するのは僅か3%しか有りません。


せっかくペニス増大サプリで作った「テストステロン」と「成長ホルモン」ペニスに作用させることでペニスの増大スピードが格段に上がります。なのでペニス増大サプリを飲み始めたら、必ず増大トレーニングを取りいれる事を強くおススメしています。


増大トレーニングとは!

 


それでは、増大トレーニング具体的な方法を紹介していきます。



勃起のトレーニング


  • 最大限に勃起させることを意識する

  • オナニーをして最大限に勃起する様にするが射精はしてはならない。

  • オナニーの回数を出来るだけ減らす(最大でも1週間に1度ぐらいにする)

  • ペニスに軽く刺激を与えて、長く勃起させるようにする


筋力トレーニング


スクワット


スクワットは下半身の強化では最強のトレーニングです。10回程度を3セットするだけで効果を実感できるはずです。


特に「会陰」(えいん)といって、金玉の付け根から肛門までの間の部分に意識してする事で、それだけでも勃起力の増強になるほどです。


とにかく、下半身を重点的に鍛える事で、血行促進を促し「テストステロン」と「成長ホルモン」がペニスに作用する様に仕向ける事が大事になります。



オナニーでの射精はダメだけどSEXでならOK


SEXは最大限に勃起をさせる事が出来るSEXなら大丈夫です!これは、半立ち状態でもオナニーで射精は出来るからで精子が十分に溜まっていない状態で起こる現象です。


最大限に勃起させるには精子が十分に溜まっている事が必要なので、オナニーは出来るだけ控えるほうが良いのです。少なくても1週間は開けたいですね!


本気で大きくするには最低限の努力は必要ですが、大きくなった時の自分の「ペニス」を想像して頑張りましょう!

 

 

「ビッグな男」になりたい貴方必見!男強サプリ「バリテイン」

 

 


GHリリーザーとは?!


「GHリリーザー」を英文表記すると「Grows Hormone Releasers」。


直訳すると「成長ホルモンを分泌させる成分」になります。


つまり「成長ホルモン」の分泌を促進させるための栄養素の総称で、単成分の名称を指すものではない。


ペニスの増大には「成長ホルモン」が必要で、しかも外部からの摂取では無く体内で自力で分泌させるのが望ましいんですね。


「成長ホルモン」の自力分泌を最大限に促進してくれる栄養素が「GHリリーザー」というものです。



「GHリリーザー」の特徴は、出来るだけ多くの栄養素を一度に摂取すると言う事になります。


必要な栄養素を一度に摂取する事が出来れば、単成分で摂るよりも相乗効果が働いて格段に効果が上がることが証明されているからです。


しかもその効果は、体力、精力、性欲、筋力、それに精神の安定、心身の若返りなど多岐に渡る。


「成長ホルモン」は残念な事に加齢によって年々低下していくものでこの部分は避けようがない。


でもサプリメントとして凝縮された形で摂取する事で分泌量の低下を防ぎ、自力で分泌させる事も可能になるんです、その為に研究された理論を「GHリリーザー理論」といい「GHリリーザー」開発の元になっています。



GHリリーザーに含まれる成分


アルギニン、シトルリンを中心にオルニチン、トリプトファン、チロシン、グリシン、バリン、ロイシン、イソロイシンなどの必須アミノ酸と亜鉛、鉄、銅などのミネラル、そしてビタミン群それらをバランスよく配合している。



成長ホルモンとは


「成長ホルモン」は人間の成長に欠かせないホルモンで、大人になってからも一生涯必要になるホルモンだ。我々が加齢とともに体のあらゆる所で不調をきたすのは、この成長ホルモンが低下する事が大きな原因になっている。



成長ホルモンの働きは

  • 筋肉や骨を増強する働き

  • 体脂肪の分解を促進する働き

  • コレステロールを抑制する働き

  • 糖代謝を抑制する働き

  • 体内の酸化を防ぐ働き

  • 免疫力を増強する働き

  • 基礎代謝を活性化する働き

  • 肌のバランスを整える働き

  • テストステロンなど他のホルモンとの相乗効果を生む働き

  • 精力や性欲の維持


成長ホルモンが不足すると

  • 筋肉や骨の増強に支障をきたす

  • 中性脂肪やコレステロールが増える

  • 肥満やメタボのリスクが増える

  • 体力や精力が衰える

  • 肌のなりが無くなる

  • 免疫力が低下する

  • 血行が悪くなる

  • 精力、性欲の減退


当然これらの症状は、直接体の不調を引き起こす原因になっているのは明らかで、それ以上に、放置する事で生活習慣病やその他重大な疾患にもつながる。また、「成長ホルモン」は精神にも大きな影響を与えている。



成長ホルモンの不足で表れる精神的な不調

  • 情緒不安定になる

  • 集中力が落ちる

  • やる気が起きない

  • 記憶力が低下する

  • 何故かイライラする

  • うつ状態になる


このように人が生きる上で非常に大事な「成長ホルモン」は、20代をピークに徐々に低下するもので、一旦低下するとそのまま何もしなければほとんどの場合、分泌量は上がることはない。


その意味でも、「GHリリーザー」の役割は大きく、効率的に「成長ホルモン」の分泌を促進してくれる!