ペニス増大サプリメントで効果が無かったとよく聞くのは何故か?

 

こんにちは、斉藤です。

 

ペニス増大サプリメントは全く効果が無かったと言う事をよく口コミなどで目にしますがそれは何故でしょう?

 

 

ペニス増大サプリメントを一度試して見ようか迷っている人も多いと思うので本当に『効果が無い』のか、あるいは『効果が有る』のかその辺の所を書いて行こうと思います。

 

ですが、その前にペニスが大きくなる仕組みやどんな物質が作用してペニスの成長を促すのかなどの事を知るのも大事だと思うのでペニス増大に繋がる基本的な事を話していきたいと思います。

 

 

そもそも大人になってからでもペニスは大きくなるのか?

 

 

 

ほとんどの人が『ペニスの成長は一度止まればもうそれ以上は成長しない』と思っているんじゃないでしょうか?管理人もそう思っていましたので自分のペニスが小さいのはもうどうしようも無い事だと諦めていました。

 

 

管理人のペニスは平常時で3,5cm前後、最大に勃起しても10p弱しかなくいつもコンプレックスを感じていました。職場の慰安旅行に行った時なんかは後輩の方がチンコが「デカかった」時は本当にショックで、その後の仕事の指導にも支障が出たくらいです。((´∀`))銭湯に入る時などはいつも腰にタオルを巻いて隠しながら入る本当に情けない日々を送っていました。

 

なのでいつも人と一緒に風呂に入らなければいけないシチュエーションは避けるようにしていたものです。

 

 

それが30歳を少し越えたころにED(勃起障害)になりその原因を自分で調べていく内に大人になってからでも「ペニスを増大させることは出来る」事を知ったのです。

 

 

ペニスを大きくするのに必要なものとは?!

 

 

ペニスの大きさが決まるのは第二性徴期と言われる時期で、思春期と言われる12歳〜13歳ころから始まります。それまでは子供の「おちんちん」と言った形や大きさだったチンコが大人のチンコの形や大きさにドンドン近づいて行くようになります。

 

もちろんチンコだけでなく、筋肉や骨組みも大人のようにガッチリしてきますし、金玉も大きくなってきます。声変りなども起きてオッサンの声に近づきますよね、チン毛を見られるのが恥ずかしがる時期でもあります。

 

 

実はペニスを大きくするためには金玉の成長が大事なんです。それは、ペニスの成長に欠かせない男性ホルモンは主に金玉で作られるからで男性ホルモンの量でペニスの大きさも決まってくると言われています。

 

 

なので、この男性ホルモンの量の違いでペニスの大きさに差が出るようになっていきます。それからもう一つオナニーによっても差が出ると言われています。それは、毎日ドンドン作られる精子をオナニーで適度に出す事で男性ホルモンが活性化されるからです。

 

 

ただしあまり出し過ぎると、男性ホルモンが精子の製造だけに使われるのでペニスの発達に影響してきます。若いから仕方が無いのですがあまりオナニーをヤリすぎると逆効果になる場合もあります。

 

 

ペニスの成長のピークは17歳〜18歳位で普通は20歳前後で完全に成長は止まります。これは男性ホルモンの分泌が安定してくるからで、子供から大人への変化が一通り終われば大量の男性ホルモンは必要なくなるからです。

 

 

男性ホルモンの量が一定になれば、当然ペニスに作用させる量も微量になるのでペニスを大きくする事は出来ません。一定量のホルモンはペニス以外の部分で必要な所に使われるようになり専門家の見解では3%程度しかペニスには使われ無いと言う事です。

 

そして、使われる3%も勃起や精子の合成などの精力の維持に使われます。余談ですがこの男性ホルモンの分泌量が低下する事で男性更年期障害が進みEDになる確率が高くなります。

 

 

第二性徴期で男性ホルモンが大量に分泌される事でペニスにも大量に男性ホルモンが作用して大きくする事が出来るので、大人になってからでもこれと同じ状態を作ることが出来ればペニスの増大は可能です。もちろん第二性徴期のように効率よくドンドン大きくなるのかというと、必ずしもそうでは有りませんが男性ホルモンをペニスに作用させることが出来るとペニスの増大は理論的には『可能』と言う事になります。

 

 

どうすれば男性ホルモンをペニスに向ける事が出来るのか?

 

 

大人になってからでも男性ホルモンは成長ホルモンと共に一定量分泌されていきます。ただし、自然に分泌される程度の量ではペニスに作用させることは出来ません。また、大量に分泌させることが出来てもどうすればペニスに向けて作用させることが出来るのか?その辺を説明しますが2つの事がカギになります。

 

 

  • 男性ホルモンを分泌させる栄養素を摂取する
  • トレーニングをしてペニスの海綿体細胞に負荷をかける

 

 

 

先ず、男性ホルモンを分泌させる栄養素を摂るにはどうすれば良いのか?これはもちろん栄養素なので食事から摂ることになります。男性ホルモンの元になるのはコレステロールでタンパク質を多く摂り体内でアミノ酸を合成する事で作られます。

 

タンパク質と言う言葉はよく聞きますが、タンパク質には2種類あり「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」が有ります。動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく沢山摂ることで男性ホルモンの分泌に必要な栄養素が摂取できると言う事になります。

 

ただし、健康の為にはタンパク質だけでは栄養が偏るので「脂質」や「炭水化物」もバランスよく摂る必要が有るのは言うまでも有りません。

 

 

必要な栄養を摂取して男性ホルモンの分泌が増えてきても、それをペニスに向けなければ増大には繋がらないのですが、分泌された男性ホルモンをペニスに向ける為に必要なのがトレーニングです。

 

 

トレーニングと言っても筋トレでは無く、チンコトレーニング略して「チントレ」と言われるのものです。チントレの方法は色々ありますが、ほとんどが勃起させたチンコの血流を促しチンコに負荷をかける方法で行います。

 

 

チンコに負荷をかけ細胞を壊す事でチンコの修復にホルモンが必要だと『脳』が認識する様になるんですね。

 

 

この作用は体の他の部分を考えても明らかで、例えば、ケガをした場合その部分を修復する為にホルモンが作用します。その命令を出すのが脳で、無意識に脳が必要と認識する事で必要な部分にホルモンを向かわせ修復するのです。

 

又は、筋トレをして筋肉細胞を壊しタンパク質(プロテイン)を摂ることで筋肥大させる『超回復』と言われる作用と同じです。

 

脳からの命令でペニスに向けられた男性ホルモンは、負荷をかけられたペニスの海綿体細胞に働きかけ修復していきます。その時にペニスの海綿体の血管も徐々に太くなるようになります。海綿体が血液を沢山受け入れる事でペニスの体積が増しペニスの増大になるのです。

 

 

ペニス増大サプリメントの真実

 

以上の事から、ペニスの増大は大人になってからでも『可能』だと言う事は有る程度は理解して頂けたかと思います。

 

それを踏まえて、ペニス増大サプリは効果が有るのかですが結論から言えば「効果あり」です。ただし沢山のペニス増大サプリがあってそのすべてに効果が有るのか?と言われれば残念ながら「本当に効果が見込めるのはほんの一部のサプリしかない!」と言わざるをえません。

 

 

その根拠を今から説明していきたいと思います。

 

 

先ほど言ったように、ペニスの増大には男性ホルモンが必要です。大人になってからでも最低量の男性ホルモンは分泌されていますが、そのほとんどは体の他の部分に使われペニスに使われるのは僅か3%程度です。

 

 

なので、まずは男性ホルモンの絶対量を増やす必要が有ります。その時に大事な働きを担うのがペニス増大サプリメントになる訳です。ペニス増大サプリに配合されている成分は男性ホルモンや成長ホルモンの量を増やす為に必要な成分と血管を拡張して血行を良くする成分等を主に調合されています。

 

男性ホルモンを増やす成分としては上質なアミノ酸や必須アミノ酸、ビタミン群、ミネラルなどがあり、血管を拡張して血行を良くする成分にはシトルリン等が有ります。

 

 

シトルリンはペニスの増大に繋がらない

 

ほとんどのペニス増大サプリには、シトルリンという成分が入っていて、この成分は血管を拡張して血行を良くする作用が有ります。血行が良くなれば確かに勃起しやすくなるので、そのことから多くのペニス増大サプリはシトルリンの量がこれだけ入っているから増大に効果が有るなどと謳っています。ペニス増大サプリに興味がある人なら一度は聞いたことが有るのではないでしょうか?

 

 

でも、実際にはシトルリンにペニスを増大させる作用は有りません!勃起に大事な血行を良くする作用が有るので勃起はしやすくなることは有りますが、勃起が収まれば元に戻るので増大にはつながらないのです。

 

 

その意味でシトルリン主体のペニス増大サプリは『効果なし!』と言う事になります。ただし、シトルリンは血行を改善する作用が有るのでペニスの増大には無くてはならない成分には違いありません。あくまでサブの成分として必要と言う事です。

 

 

効果が望める増大サプリとは?

 

それでは、どんなペニス増大サプリメントなら増大に効果を発揮するのか?と言うと基本的に男性ホルモンの量を増やす栄養素が入っているサプリと言う事になります。

 

 

男性ホルモンの分泌を促進する栄養素と言うのは必須アミノ酸、アミノ酸、ビタミン、ミネラルでこれ等の量が多く含まれていて、そして、バランスにもスキのないサプリと言う事になります。

 

 

成分数で言うと60種類以上必要だと言われています。本来なら、食事からこれ等の栄養を摂れるのが理想ですが、加齢とともに衰えが出てきてそれが出来なくなっていきます。

 

ペニス増大サプリが必要な訳!

 

若い時には沢山食事をする事で色んな栄養をバランスよく摂取し効率よく栄養成分に変えていく事が出来ましたが、加齢とともに運動量も落ちそれに伴い代謝も下っていくので若い時と同じように沢山食べれば体内で消費出来ずに直ぐに肥満になってしまいます。

 

そう言う意味では男性ホルモンの分泌に欠かせないバランスの摂れた栄養素を食事だけで摂取するのは無理が有ります。

 

その点ペニス増大サプリは必要な成分を必要なだけ摂ることが出来るので、体に無理なく男性ホルモンに必要な栄養が摂れるのです。

 

ペニス増大に効果が期待できるサプリメントの条件としては、アミノ酸、必須アミノ酸、ミネラル、ビタミンが多成分配合されていてシトルリンなどの血行にも配慮した成分を含んだバランスの取れたサプリメントになります。

 

 

必要な栄養をサプリメントで摂取出来たら 

 

ペニス増大サプリメントで男性ホルモンの分泌に必要な栄養が摂取出来たら次は、『チントレ』です!((´∀`))

 

実は、いくら効果の高いペニス増大サプリメントを飲んでも「効果が無い!」と言われる最大の理由がこの『チントレ』にあるんです。

 

そもそも、先ほども言ったようにシトルリンが主体で出来ている様な増大サプリなどは問題外としても、バランスの取れた極めて効果が高いであろうサプリメントを飲んでも「効果が無い!」と言うのは『チントレ』を同時に取りいれていない事が原因です。

 

 

上で説明したように、いくら体内で男性ホルモンを増やしても意識的にペニスに向ける事が出来なければ、ペニスの増大は出来ません。

 

その為には『チントレ』をして、ペニスの海綿体に負荷をかけ海綿体細胞を壊さないとホルモンがその部分の修復には働かないのです。ペニス増大サプリだけ飲んでもペニス増大は出来ないと言うのは結局は『チントレ』を同時にやっていないと言う事が原因です。

 

まとめると

 

  • シトルリン主体の増大サプリメントは効果が無い
  • 男性ホルモンを増やす栄養素が入っているサプリは増大効果が高い
  • 増大にはチンコトレーニングが大事
  • 増大サプリを飲みながらチントレをする事で増大は可能になる

 

 

ペニス増大サプリメントの中でもハイスペックサプリメントに分類されるサプリならチントレとの併用で高確率でペニスの増大は出来ます。

 



ペニスは大きく出来るんだ!

 


色々な増大サプリが有る中でどれにするか迷ったならば、

管理人が薦めているサプリメントを選ぼう!

下手に広告なんかで選んでしまうとえらい目に合うよ。


↓今現在、最強のペニス増大サプリメントはこのサプリ↓



「グライバル」の詳細説明はこちらから!


『ビトックスα』の詳しい説明はこちら!


『バリテイン』の詳しい説明はこちら!


『リザベリン』の詳しい説明はこちら!